気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト

あなたの悩みはどんな体臭?異なる原因を突き止めニオイを改善!

体臭スッキリ!ボディーソープをcheck!

体臭の原因と対策改善方法 TOP » 世代ごとに異なる体臭の原因 » 20代

20代

20代の若い方に多い体臭と、その原因、体臭の対策についてまとめています。

20代に多い体臭とその原因

一般的に、20代で体臭を発するケースはほとんどありません。

数日間お風呂に入っていないと汗臭くなるという場合もありますが、お風呂に入って汗や垢を洗い流すことで大概の方は解決します。

しかし、生活リズムや食生活の乱れ、ストレス、運動不足など体の内部が弱っていることが原因で体臭が現われることもあります。

特に20代では、食生活とストレスが体臭に結び付いている場合が多いようです。

食生活の乱れが体臭につながるケース

若い方は、肉や揚げ物など動物性タンパク質を好んでたくさん取る方も多いことでしょう。

これらの食事が多いと、体臭の原因となる皮脂の分泌を促進させるため、体臭が強くなる傾向にあります。

野菜や植物性タンパク質(味噌汁や納豆などの豆類)、フルーツなどを取って、バランスの良い食生活に改善することで、ある程度は解決します。

ストレスが原因で体臭につながるケース

現代の20代に多いのは、ストレスが原因の体臭かもしれません。

ストレスを抱え込むと、体の中の活性酸素が多くなります。

この活性酸素が皮脂の酸化を促進させると、「汗臭い(アンモニア臭)」「酸っぱい臭い」「焦げくさい臭い」といった体臭の原因につながります。

また、タバコを吸っている人は、活性酸素が多い傾向にあります。

ストレスが原因の体臭は、抗酸化作用のあるビタミンCを多めに取ると効果的です。

ビタミンCは、野菜やフルーツ、緑茶などに多く含まれています。

特にタバコを吸う方はビタミンCをたくさん消費しますので、ふだんの食事で野菜やフルーツを意識的にとるように努めましょう。

そして、何よりもストレスをためこまないことが重要。

運動をしたり、好きなことをしたりする時間を増やして、ストレスを発散させるよう心がけましょう。

若年性加齢臭について

20代で加齢臭を発するケースもあります。

身体の表面にいる雑菌が皮脂を分解する際、「ノネナール」という物質を生じさせることで、40代以上の方が感じる加齢臭(古本やろうそくのようなにおい)を感じることがあります。

こうした20代~30代の体臭を「若年性加齢臭」といいます。

この原因も、皮脂が多く分泌される食生活を続けていることと、体内の活性酸素が多いことが挙げられます。

一般的に、20代の方は活性酸素を除去する機能が良好にはたらくため、加齢臭はみられないのですが、若年性加齢臭の人はこの機能が衰えていることも考えられます。

体の内部が弱っていることが原因の場合もありますので、規則正しい食生活を心がけることで解決が期待できます。

20代の体臭改善に効果的な方法

生活リズムや食生活の改善、ストレスを発散させることで大体の体臭は改善しますが、それに加えて大切なのが、お風呂に入って汗や皮脂を洗い流すことです。

20代の体臭の多くは、洗い残しやすすぎ残しがあるというケースがほとんど。

特に皮脂が生じやすい頭皮や顔、胸や背中、足の裏などを中心に、全身を丁寧に洗いましょう。

シャワーだけで済ませるのではなく、湯船に入ってリラックスすることも、ストレス発散になります。

注意点としては、洗い過ぎないこと。

皮脂を除去しようとしてゴシゴシ洗うと、肌の乾燥を守るためかえって皮脂の分泌を促してしまいます。

適度な強さで優しく丁寧に洗うようにしましょう。

最近は殺菌成分など有効成分を配合した体臭対策ボディソープもたくさん販売されています。

こうしたものを使って、余分な皮脂をしっかり洗い流すことで、体臭改善に効果が期待できます。

click!20代の体臭予防に効果的なボディソープはこちら

 
ページの先頭へ
気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト