気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト

あなたの悩みはどんな体臭?異なる原因を突き止めニオイを改善!

体臭スッキリ!ボディーソープをcheck!

体臭の原因と対策改善方法 TOP » 世代ごとに異なる体臭の原因 » 30代

30代

30代の方に多い体臭と、その原因、体臭の対策についてまとめています。

30代に多い体臭とその原因

20代のころの体臭と違い、30代になると「廃油のような脂っぽい臭い」が強くなる傾向にあります。

この体臭は、皮脂が酸化することで生じます。

30代は皮脂がもっとも出る年代です。

そして、この皮脂がストレスによって生じる活性酸素と結びつき酸化することで、廃油のような脂っぽい臭いを生み出すのです。

また、ストレスは体内にアンモニアなどの毒素も生み出します。

これが皮脂と混じることも体臭の原因になっています。

つまり、30代の体臭の主な原因は「皮脂」と「ストレス」なのです。

頭皮がもっとも皮脂の出やすい場所

頭皮は汗をかきやすい場所であると同時に、人体でいちばん皮脂を分泌する場所です。

また髪に付着した皮脂が酸化することで、臭いがさらに強くなります。

自分では体臭をあまり感じないという方は、朝目が覚めたら枕の臭いをかいでみてください。

臭いが強い方は、体臭が強いシグナルです。

頭皮のほかにも、皮脂は顔の表面(特に額から鼻にかけてのTゾーン)、首筋、背中、胸などからも大量に分泌されます。

活性酸素を増やさない

30代は仕事でもプライベートでも、ストレスをためこみやすい年代でもあるでしょう。

ストレスが増えると、体内に活性酸素やアンモニアなどの毒素が多く生じます。

また、タバコを吸っている人は活性酸素が多い傾向にあります。

活性酸素を増やさないためには、抗酸化作用のあるビタミンCを多めに取るのが有効です。

野菜やフルーツ、緑茶などビタミンCを多く含む食品を意識的にとるように努めましょう。

もちろん、ストレスをためこまないように発散させることも重要です。

30代から始まる体臭「ミドル脂臭」とは?

30代から40代にかけて多い体臭に、「ミドル脂臭」というものがあります。

廃油のような脂っぽい臭いが特徴で、女性がとても嫌う臭いであるといわれています。

ミドル脂臭の原因物質は、「ジアセチル」という成分です。

これは、肌に存在するブドウ球菌が汗に含まれる乳酸を分解することで生じます。

これと一緒に皮脂も分解されることで、中年独特の不快な体臭となるのです。

ミドル脂臭の対策は、原因物質であるジアセチルの発生と皮脂の量を抑えることにつきます。

皮脂の量は、肉や揚げ物など動物性タンパク質の食事を抑えることが効果的。

また、汗に含まれる乳酸は、体が「血行不良」になると発生しやすいので、適度な運動を行なって血行を促進させたり、コレステロールの多い料理(肉や揚げ物など)やタバコを控えるなどして血行不良を防ぐようにしましょう。

若年性加齢臭について

残念ながら、30代で加齢臭を発するケースもなくはありません。

身体の表面にいる雑菌が皮脂を分解する際、「ノネナール」という物質を生じさせることで、40代以上の方と同じような加齢臭(古本やろうそくのようなにおい)が生じることもあります。

こうした20代~30代の体臭を「若年性加齢臭」といいます。

原因は、やはり皮脂と活性酸素。

一般的に、30代の方は活性酸素を除去する機能が良好にはたらくため、加齢臭はみられないのですが、若年性加齢臭の人は活性酸素の除去能力が衰えている場合が考えられます。

身体の内部が弱っていることが原因の場合もありますので、規則正しい食生活を心がけることで解決が期待できます。

30代の体臭改善に効果的な方法

肉や揚げ物の料理、タバコを控えるといった食生活の改善、ストレスを発散させる、運動などをして血行促進に努めることで、体の内部から体臭の元を断ちましょう。

それと同時にお風呂に入って汗や皮脂をしっかり洗い流すことも重要です。

湯船にゆっくり浸かれば血行促進にもつながりますし、リフレッシュしてストレス発散にも有効。

また、殺菌成分など有効成分を配合した体臭対策ボディソープで、汗や皮脂、そして余分な雑菌をきれいに洗い流すことも忘れずに。

あまりゴシゴシ洗うと必要な皮脂まではがれ、かえって皮脂を増やそうとしますので、丁寧かつ毎日洗いましょう。

click!30代の体臭予防に効果的なボディソープはこちら

 
ページの先頭へ
気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト