気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト

あなたの悩みはどんな体臭?異なる原因を突き止めニオイを改善!

体臭スッキリ!ボディーソープをcheck!

体臭の原因と対策改善方法 TOP » 世代ごとに異なる体臭の原因 » 40代

40代

40代の方に多い体臭と、その原因、体の臭い対策についてまとめています。

40代に多い体臭とその原因

40代になると気になってくる体臭といえば、「ミドル脂臭」と「加齢臭」です。

ミドル脂臭とは、「廃油のような脂っぽい臭い」が特徴。

本人は気づきにくく、枕などの寝具に付いた体臭でミドル脂臭だとわかる人も多いようです。

いっぽう、加齢臭は「古本やろうそくのようなにおい」に似ているといわれ、男女問わず年齢を重ねることで生じるものです。

ミドル脂臭の原因

ミドル脂臭の原因物質は、「ジアセチル」という成分です。

市販のバターやチーズなどの乳製品にも含まれるもので、汗に含まれる乳酸を、肌に存在するブドウ球菌が分解することで発生します。

乳製品に含まれるジアセチルは香りがとても良いものです。

しかし、これが人体となると、皮脂も一緒に分解されることで、40代独特の不快な体の臭いになってしまいます。

ミドル脂臭の対策は、臭いの根源であるジアセチルの発生と、皮脂の量を抑えること。

皮脂の量は、肉や揚げ物など動物性タンパク質の食事を控えることが一番手軽で効果的です。

ジアセチルについては、まず汗に含まれる乳酸を抑える必要があります。

乳酸は主として、身体が「血行不良」になると発生しますので、コレステロールの多い食事やタバコを控えたり、適度な運動をして血行促進させたりして、乳酸をためこまない体をつくっていきましょう。

加齢臭の原因

いっぽう、加齢臭の原因物質は「ノネナール」という成分。

ノネナールは、皮脂のなかにある「9-ヘキサデセン酸」という物質が酸化して分解される際に生じます。

特に40代を過ぎると「9-ヘキサデセン酸」が多くなることも確認されており、年齢を重ねるとともに体の臭いが強くなっていくのです。

さらに、「活性酸素」の増加も加齢臭の増強を手伝います。

活性酸素は皮脂の酸化を促進させ、動物性タンパクの腐敗臭に似た臭いを発します。

もともと人体には、活性酸素を除去する機能が備わっていますが、これも40代を過ぎて年齢を重ねるとともに衰退するため活性酸素が増えてしまうのです。

加齢臭の対策は、皮脂の量と活性酸素の発生を抑えて、ノネナールを生じさせない身体にすることにつきます。

皮脂の量は、やはり肉や揚げ物など動物性タンパク質の食事を抑えることが効果的。

また、活性酸素はビタミンCを多く取ることで抑えられます。

ストレスも体臭を強める原因

40代はストレスをため込みやすい年代でもあるでしょう。

ストレスは、活性酸素の発生に深くかかわっています。

ストレスが生じると、人体の中では「副腎皮質ホルモン」が多く分泌され、ストレスを抑え込もうと働きます。

この副腎皮質ホルモンが分解される過程で、活性酸素が生じます。

また、タバコや飲酒が増えるのも活性酸素が増える一因ですし、ストレスをためこむと高血糖になりやすく、これも活性酸素が増える原因となります。

ストレスがたまっていると感じたら、軽い運動などで発散すること。

これも加齢臭対策に効果的です。

40代の体臭改善に効果的な方法

ミドル脂臭と加齢臭いずれも、コレステロールの多い食品を控えること、適度な運動などで血行を促進させること、ストレスを発散させること…などを行ない、体の内部から体臭の元を断つように努めましょう。

また、毎日のお風呂で皮脂を洗い流すことでも体臭予防につながります。

皮脂が生じやすい頭皮や顔、胸や背中などを中心に、全身を丁寧に洗いましょう。

最近は殺菌成分など有効成分を配合した体臭対策ボディソープの種類も増えてきていて、加齢臭にも効果が見られるとして評判になっています。

こうしたものを使って、余分な皮脂をしっかり洗い流しましょう。

click!40代の体臭予防に効果的なボディソープはこちら

 
ページの先頭へ
気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト