気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト

あなたの悩みはどんな体臭?異なる原因を突き止めニオイを改善!

体臭スッキリ!ボディーソープをcheck!

体臭の原因と対策改善方法 TOP » 世代ごとに異なる体臭の原因 » 50代

50代

50代以上の中高年層の方に多い体臭と、その原因、中高年層になったら心がけたい体の臭い対策についてまとめています。

50代に多い体臭とその原因

50代以上の中高年層の方が気になる体臭といえば、「加齢臭」です。

「古本やろうそくのようなにおい」に似ているといわれ、男女を問わず、年齢を重ねることで生じてきます。

また加齢臭とは別に、「老人臭」というものがあります。

加齢が原因で起こる体の臭いでを総称したもので、その原因はさまざまです。

これらの臭いの原因について説明しましょう。

加齢臭の原因

加齢臭の原因物質は、「ノネナール」という成分が主となります。

ノネナールは、皮脂のなかにある「9-ヘキサデセン酸」という物質が酸化して分解される際に生じます。

40代を過ぎて中高年層になると、皮脂に含まれる「9-ヘキサデセン酸」が多くなり、年齢を重ねるとともに体の臭いが強くなっていくという仕組みです。

また、「活性酸素」の増加も加齢臭の臭いに輪をかけます。

活性酸素は皮脂の酸化を促進させ、動物性タンパクの腐敗臭に似た臭いを発します。

もともと人体には、活性酸素を除去する機能が備わっていますが、中高年になると衰えるため活性酸素が増えてしまうのです。

加齢臭の効果的な対策は、皮脂の量と活性酸素の発生を抑えてノネナールを抑えることに尽きます。

皮脂の量は、肉や揚げ物など動物性タンパク質の食事を少なくすることで抑制できます。

また、ビタミンCを多く摂ると、その抗酸化作用により活性酸素も抑えられます。

老人臭の原因

加齢臭に対して使われる「老人臭」の原因は、代謝の低下が原因でアンモニアが分解されずに残ってしまう場合や、腸内の悪玉菌が増えることで生じるインドール・スカトールの臭い、さらには口臭など、さまざまなケースが考えられます。

いずれも、内臓の機能が衰えることによって生じるため、ふだんから規則正しい生活を送っている人の場合は発生しないこともあります(逆に、不規則・不摂生な生活を送っている人だと50代以前に発生することもある体臭です)。

老人臭の特徴は、身体の臭いというよりも、衣類や寝具の臭いで気づかれるケースが多いこともあげられます。

目が覚めて枕など寝具からの臭いで自覚するケースや、洋服や下着を脱いだ際にわかることが多いようです。

また、周囲の人から指摘されて、老人臭だと気づく場合もあります。

衣類などについた老人臭は、こまめに取り換えたり、脂汚れに強い洗剤で洗濯したりすることで対策できます。

また、食事改善も効果的。緑黄色野菜、抗酸化成分の多いビタミンCやポリフェノールを含む食品を多く取ることで、腸内環境を改善し、老人臭を抑える効果も期待できます。

口臭がきつい場合は、歯槽膿漏が原因であることも考えられますので、歯科医師に診てもらい適切にケアしてもらうとよいでしょう。

50代の体臭改善に効果的な方法

食生活の改善による体の内部から臭いの元を断つこと、こまめに服を換えたり洗ったりして衣類に付着した臭いを洗い流すとともに、毎日のお風呂で皮脂を洗い流すことでも体臭予防につながります。

最近は体臭対策ボディソープの種類が増えてきています。

これらは、殺菌成分や消臭に対する有効成分を配合しているため、加齢臭にも効果が見られるとして人気があります。

注意点としては、洗い過ぎないこと。

皮脂を除去しようとしてゴシゴシ洗うと、肌の乾燥を守るためかえって皮脂の分泌を促してしまいます。

適度な強さで優しく丁寧に洗うようにしましょう。

click!50代の体臭予防に効果的なボディソープはこちら

 
ページの先頭へ
気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト