気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト

あなたの悩みはどんな体臭?異なる原因を突き止めニオイを改善!

体臭スッキリ!ボディーソープをcheck!

体臭の原因と対策改善方法 TOP » 病気をうたがうべき体臭に注意! » 甘酸っぱいにおい【糖尿病】

甘酸っぱいにおい【糖尿病】

甘い匂いの体臭は、糖尿病が原因かもしれません。体臭がする理由や症状、匂いに対しての対処法についてまとめました。

糖尿病で甘い匂いがする理由

糖尿病を発症すると、独特な体臭を発するようになると言われます。

代表的なのが「甘い匂い」「甘酸っぱい」体臭です。

この原因物質は、「ケトン体」といわれるものにあります。

糖尿病の患者は、血液中のブドウ糖が細胞に吸収されにくくなり、全身がエネルギー不足になります。

これを補うため、体内では糖の代わりに中性脂肪を燃焼させてエネルギーを得ようとするはたらきが行なわれます。

このときに生じるのが、ケトン体です。

ケトン体はエネルギーをつくるためにできる副産物であり、血液中に混じって全身を巡るうちに汗と一緒に体外へ放出されます。

それが、体臭となって現われるのです。

汗の臭いと混じることで気づかれるケースも

ただし、このケトン体の甘い匂いは本人でも気づかないほど弱いもので、逆にまわりが気がつく場合のほうが多いようです。

気づかれるケースでよくあるのが、汗の臭いと混じった「甘酸っぱい」体臭になったとき。

というのもの、糖尿病の患者は、汗をかきやすいという特徴を持っています。

健康な人であれば、この汗を肌の表面にいる雑菌などが分解する際に、いわゆる汗臭い体臭を発するのですが、糖尿病の患者の場合、ケトン体と混じって独特の「甘酸っぱい」体臭になることが多いのです。

また、合併症として腎障害を患っている方は、アンモニアも混じった臭いになることがあります。

糖尿病の治療とあわせた体臭対策を

体臭の対策としては、何よりも糖尿病の治療が先決です。

とはいえ、完治しないことでも知られる糖尿病。

治療を続けながら、仕事などで人と会った際に、体臭が気になっている方も多いのではないでしょうか。

体臭だけであれば、お風呂に入ってシャワーで汗を洗い流すことで対処できます。

匂いが気になるからといって、ゴシゴシと洗う必要はありません。

病に立ち向かうことへ専念するほうが重要です。

 
ページの先頭へ
気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト