気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト

あなたの悩みはどんな体臭?異なる原因を突き止めニオイを改善!

体臭スッキリ!ボディーソープをcheck!

体臭の原因と対策改善方法 TOP » 病気をうたがうべき体臭に注意! » 魚のようなにおい【代謝異常】

魚のようなにおい【代謝異常】

魚臭い体臭が現われている場合には、代謝異常の病気(魚臭症)が疑われます。こうした体臭がする理由や症状、対処法をまとめました。

代謝異常の病気「魚臭症」とは

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、「魚臭症」という代謝異常の病気があります。

文字どおり、「魚臭い」「腐った卵のような硫黄臭」といった体臭がおもな症状で、女性に多いといわれています。

魚臭症は、小腸の腸内細菌が食べ物を分解する際に「トリメチルアミン」という物質が生じることで生じます。

トリメチルアミンは通常であれば肝臓で分解されますが、これが分解されずに体内に残り、血液に取り込まれて全身をめぐるうちに、汗や呼吸に混じって体臭や口臭の原因となるのです。

代謝異常の原因は2パターン

魚臭症の原因にはふたつのパターンが考えられています。

ひとつは、肝臓の機能障害や肝機能の低下によるもので、トリメチルアミンを分解する酵素の作用が低くなっている場合。

もうひとつが、遺伝によるものです。

このうち魚臭症の患者に多いのは、後者の遺伝が原因となっているもの。

女性に多いことから、女性ホルモンが原因であると指摘する学者もいますが、近年発見された病気ということもあって、現段階で治療法は確立されていないのが実状です。

魚臭症の対処について

魚臭症の方が体臭を防ぐには、原因となるトリメチルアミンを生じさせないことです。

トリメチルアミンは、おもに「コリン」「レシチン」「トリメチルアミンオキシド」などを含む食品から作られますので、まずはこうしたものを制限することが対処法の第一歩とされています。

具体的な食品は、卵、レバーや加工肉、豆、アブラナ科の野菜(ブロッコリー、キャベツなど)、ごま油、海水魚、イカ、タコ、エビ、カニ…などです。

とはいえ、これらを食べないとなれば、食事にかなりの制限がかけられることになります。

自己診断のできるようなものでもありませんので、まずは専門医に相談することから始めて、医師の指示に従うようにしましょう。

 
ページの先頭へ
気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト