気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト

あなたの悩みはどんな体臭?異なる原因を突き止めニオイを改善!

体臭スッキリ!ボディーソープをcheck!

体臭の原因と対策改善方法 TOP » 匂いから体臭の原因を探る » 古本やろうそくのようなにおい【加齢臭】

古本やろうそくのようなにおい【加齢臭】

40代以降になると顕著に現われる「加齢臭」。その臭いの原因や対策法についてまとめました。

加齢臭の原因は?

最近の研究によって、「ノネナール」という物質が加齢臭の原因のひとつであることがわかってきました。

ノネナールは、皮脂のなかにある「9-ヘキサデセン酸」という物質が酸化し、分解されることで生じます。

この臭いが「古本やろうそくのようなにおい」「枯草のようなにおい」と喩えられ、加齢臭の原因の一端となっているようです。

皮脂そのものは若い人でも生じますが、40代を過ぎると「9-ヘキサデセン酸」が多くなることも確認されており、したがって年齢を重ねるとともにその臭いが強くなっていきます。

さらに、「活性酸素」の増加も加齢臭の増強を手伝います。

活性酸素は皮脂の酸化を促進させ、動物性タンパクの腐敗臭に似た臭いを発します。

また、先に挙げた9-ヘキサデセン酸の酸化・分解の進行を促進させる原因にもなっています。

もともと人体には、活性酸素を除去する機能が備わっていますが、これも年齢を重ねると衰退し、活性酸素が増えていくのです。

加齢臭の臭いはどこから?

加齢臭のおおもとである皮脂は、皮脂腺から生じます。

この皮脂腺は全身にありますが、人体のなかでもっとも集中しているところが「頭皮」「背中」「胸元」です。

朝起きると枕が加齢臭で臭い…というのは、頭皮から皮脂が多く分泌されるからなのです。

ちなみに、「耳の後ろからも加齢臭がする」という話を聞いたことがあるかと思いますが、これは「アポクリン腺」という汗腺から出される、汗に含まれる成分をもとに雑菌が繁殖して臭うという、別のメカニズムです。

アポクリン腺は、ワキの下や乳首周辺にもあります。

加齢臭の対処法

加齢臭の対処法は、皮脂の量と活性酸素の発生を抑えることが有効です。

具体的にどう対処すればよいかは、「加齢臭の対策」ページでご紹介しましょう。

 
ページの先頭へ
気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト