気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト

あなたの悩みはどんな体臭?異なる原因を突き止めニオイを改善!

体臭スッキリ!ボディーソープをcheck!

体臭の原因と対策改善方法 TOP » 匂いから体臭の原因を探る » わきがの対策――手術編

わきがの対策――手術編

体臭対策のひとつとして、「わきが手術」など施術について、その種類や内容を説明します。

わきが手術の種類と内容

わきががあまりに気になる方は、病院で治療するという方法も対策のひとつとして検討しましょう。

治療法は飲み薬で治すものから、アポクリン腺を取り除く手術まで多様にあります。

どの治療法になるかは自分のわきがの程度にもよりますので、まずはクリニックで診断してもらうようにするとよいでしょう。

塗り薬や飲み薬による治療

程度が軽いわきがや体臭の場合、塗り薬が処方されます。

塩化アルミニウム液を配合した制汗剤をコットンなどに染み込ませて、ワキの下や臭いが気になる部分に塗ります。

また、飲み薬には「抗コリン剤」という種類の内服薬や、精神安定剤で発汗を抑えたりする薬が処方されます。

保険適用の薬で、飲み続けると副作用もありますので、必ず医師の指導に基づいて服用しましょう。

程度が軽いと診断された方は、自分でもできる対策として、わきがクリームなど市販の薬も試してみてはいかがでしょう。

click!自分でケア!注目の「わきがクリーム」

注射・電気針による処方

やや程度が重いわきがの場合は、注射や電気針を使ったわきが対策が処方されます。

注射は「ボトックス注射」といわれるもので、おもに汗の量を抑える効果があります。

また、電気針を使った「電気凝固法」は、ワキの毛穴に電気針を刺して高周波電流を通すことで、アポクリン腺と皮脂腺を破壊するというもの。

ムダ毛の脱毛も兼ねていますので、ともにケアしたい方は検討してみるとよいでしょう。

アポクリン腺の除去手術

重いわきがの方には、アポクリン腺を除去する手術が効果的です。

手術にもいろいろな方法があります。

代表的なものを以下に紹介します。

●直視下手術法

もっとも確実に治療できる手術法で、ワキの下を切開してアポクリン腺を除去していくものです。

入院する必要はありませんが、傷口が完全にふさがるまで(数日から1週間)、圧迫ガーゼをあてて過ごすことになります。

●皮下組織吸引法

ワキの下に小さな穴を開けて細い管を通し、汗腺や皮脂腺を吸い取るというもの。

ただし、アポクリン腺の完全除去は困難で、残っていたら再発するおそれもあります。

●超音波吸引法

先端に超音波を発生させた機器でアポクリン腺を破壊・吸収していく手術です。

これも皮下組織吸引法のように完全除去は難しく、また医師の技量によっては「やけど」や「合併症」を引き起こすこともあります。

●皮下組織削除法

カミソリ付きの専用器具を使い、皮下組織を削ってアポクリン腺とエクリン腺を除去していくというもの。

傷口は小さいものの回復まで時間を要します。

効果は高いのですが、皮膚壊死のリスクも伴うようです。

 
ページの先頭へ
気になるニオイ撲滅!原因を知って体臭改善するサイト